あなたが気にしている身体の状態1

徳島県 かお けが 顔怪我 の治療

顔のケガ

ケガ(開放創)
ケガは早く綺麗に治したいものです
特に顔や他人に見える場所(露出部)は気になります
女性の場合は身体全体が露出部と考えて下さい
ケガの状態によっては縫う(縫合)必要があります 
外科的縫合法と形成外科的縫合法は異なります
形成外科ではケガに対して数多くの処理方法を用意しています
難しい特殊な精密技術なので手術時間は少し長くなります
ケガのときこの技術を使うとキズの仕上がりが普通と全く違います
徳島県内ではこれを実施できる形成外科医師は多くはいません 
形成外科医師でもケガの手術をなさらない先生があります
受診する前に形成外科医師が手術するか電話で確認して下さい
ケガはなるべく早く綺麗になおしましょう
顔と露出部のケガの処理は私が得意とする形成外科技術です

徳島県の かお 顔 きずあと 傷跡 の治療

キズアト ケガをして最初の処置が適当でなかったらよくないキズアトが残ります
ごく小さなものは我慢できますが露出部の目立つアトは気になります
キズアトだけでなく黒い色が残っていることもあります
いろいろな方法を組み合わせて治療します
切らずに処理する方法もあります
ほとんど消えて自分でもわからない 
他人が見ても気づかない程度
場合によっては他人が見ても気にしない程度に改善します
ケガと同様に私の得意分野です
外科整形外科手術後・交通事故のキズアトも取り扱っています

ひきつり 拘縮 の治療

ヒキツリ Z形成術という有名な形成外科手術法をよく使います
周囲の皮膚を寄せ集めて補うこともできます
手術方法と数学的原理をスポンジモデルで説明します
ほとんど普通と変わらないくらいよく動くようになります
キズアトも一緒に綺麗に仕上げます

徳島県の やけど 火傷 熱傷 の治療

ヤケド 氷水冷処置とその日の受診が大切です。ヤケドをしたら

  1. すぐその場でなるべく冷たい氷水で冷やします。
  2. 氷水中に浸けるか氷水ハンカチやタオルで覆い1分間毎に交換します。ただし冷水風呂に飛び込んだりするのは危険ですから絶対禁止です。
  3. 60分以上、痛みがなくなるまで十分長い時間冷やします。その間に医療機関に電話して形成外科医師受診の予約をします。
  4. 氷水冷タオルで冷しながら医療機関に急行します。

ヤケドは深さによってⅠ度・Ⅱ度浅・Ⅱ度深・Ⅲ度があります
ヤケドの治療方法は深さによって大きく異なっています
正確な深さの判断をしないと適切な治療は不可能です
範囲が広いⅡ度深とⅢ度ヤケドは多分手術が必要になります
ケロイド好発部位のヤケドは必ず形成外科医師の診察が必要です

やけどのあと 熱傷瘢痕 の治療

ヤケドアト キズアトの治療方法と似ていますが皮膚の状態が違います
ヤケドアトの表面は普通の皮膚ではありません
いろいろな方法で周囲の皮膚のような綺麗な状態に仕上げます
ケロイドになっているものはその治療をします

徳島県の かお 顔 ほくろ 黒子 とる 除去治療

ホクロ ホクロは一般に顔と首によくできます
その大部分は黒褐色良性の色素細胞母斑です
そのほかに悪性の皮膚がん・悪性の強い悪性黒色腫などあります
一般的な治療方法は形成外科用メスによる「円柱状切除術」です
炭酸ガスレーザーは再発が多く日焼け色が残るので使用しません
小さくて無難なホクロは美容外科の先生にお願いしてください
大きめや深いものを切除するとアトやヒキツリが残ったりします
アトが残りそうで心配な方はご相談くだされば対策があります
大小に関係なく悪性のものだったらこれは大変な問題です 
ホクロの処理には良性と悪性との正確な区別が必要です(鑑別診断) 
正確な鑑別診断をしないでホクロの切除手術するのは危険です
皮膚癌は紫外線との関係で日光に照らされるところ特に顔によくできます
悪性黒色腫は全身どこにでもできる悪性度の強いホクロです
手掌や足蹠にできたホクロのように見えるものは要注意です
日本人の人種的特徴でここのホクロは悪性黒色腫の発生率が高いのです
悪性黒色腫は爪にできると爪全体や一部分の色が変わります
ホクロを調べる専門の特殊な検査機械を備えています
この機械を使って悪性腫瘍の判定基準に従い病状を診断します
拡大写真を撮り見ながらわかり易く説明します
美容目的のホクロトリに健康保険証を使うのは禁止違法行為です
痛みや出血など異常な症状があるホクロは健康保険治療できます